緊張してしまう人必見、面接に際して

 転職に際して必要となるのは皆さん承知の通り面接です。面接で勝つにはどのようにすれば良いか。それは就職活動の永遠のテーマであり、明確な答えというものは無いでしょう。私の持論としては、友達と話すようにすると心がける事に重きを置いています。言葉だけを聞くと失礼にあたるのではないかと考えられる方もおられるかもしれません。私のやり方は万人に通用する方法でも無いので参考にならない方もいらっしゃると思います。私はほかの人と比べても緊張を良くしてしまう方で、何か失礼なことをしてまっていないかなど常に気にするタイプでした。

 

 なので、それが逆に足枷となり、面接では大事な所で頭が真っ白になってしまったり、思うような受け答えが出来なかったりしていました。何度も失敗していくにつれて「気楽に話せば良いんだ」と自分なりの臨み方が見えてきました。それはまるで面接官を友達であるかのように振舞う事で、緊張しぃの私にとってはちょうど良い塩梅になっているという事でした。そうする事で肩の力は抜けて良いアピールが出来るようになったと思います。もし私と同じように、すぐに頭が真っ白になってしまうような人が居て今なお悩んでいるのでしたら試して頂けたらと思います。