転職に必要な夢と現実

 転職活動には、夢と現実の両方が必要です。子どもの頃は誰もが夢を抱いています。ある子どもはサッカー選手を夢見ているかもしれませんし、別の子どもはお花屋さんになりたいと願っているかもしれません。成長するにしたがって、多くの人は夢を捨てます。厳しい社会の荒波にもまれるうちに、現実が見えてきて自分の限界がはっきりしてくるからです。たいていの人が働く理由はお金を稼いで自分や家族の生活を成り立たせるためであり、現実をしっかり見据える必要があります。しかし、同時に長期的な夢や目標をもつのも大切なことです。

 

 自分が何のために生きているのか、どうすれば社会に貢献できるのかを考え、夢をもって生きることは人にとって重要なことです。転職する際には、夢と現実の両方の視点が必要です。どちらか一方の視点に偏らないようバランスをうまくとらなければなりません。たしかにどんな人にも限界があり、できることとできないことがあります。でも、目標をもってコツコツと努力すれば、いつしか大きなことを成し遂げられるはずです。夢と現実の両方の視点を忘れないでいれば、苦しいときも乗り切れるに違いありません。自分の人生をよりよいものにするためには、夢と現実の両方が必要なのです。