転職は目的をもって

 私はこれまでに3年以上勤めた会社の転職を2度行いました。1度目は単純に仕事がきつくて逃げるように退職してしまいました。2度目の時は自分のやりたいことが見つかったことによる退職です。

 

 

 

 大きな違いは「次何をやるか決まっているかどうか」です。1回目の退職時はハローワークや求人誌を見て次の仕事に就いた自分を想像するのですが、どれも長続きするイメージが持てず、出来そうな仕事を探すのに時間がかかりました。

 

 

 

 問題はそれだけではありません。仕事を探した後、今度は面接に移るわけですが当然のように聞かれるのは「前職の退職理由」と「志望動機」です。私はその仕事にあった言葉を話したのですが、どこか嘘っぽくなってしまい不採用になってしまうということが約3か月続きました。一人暮らしをしていたため、生活にも影響が出始め、最終的にはどんな仕事でもやらないと生活できないという状態になってしまいました。結局単に生活するためだけの仕事に就職してしまい、長続きしませんでした。

 

 

 

 何の目的もなくただ会社を辞める人には、今の仕事以上の条件での転職はほぼ望めません。そしてせっかく仕事が見つかっても「自分がやりたいのはこれじゃない」と考え始めるとその仕事も退職することになるのではないでしょうか。

 

 

 

 今私は人生の目的を見つけそこに向かって仕事をすることが出来ています。そのため、仕事に対するモチベーションも高く、職場からの評価もそれなりに頂いていると思います。

 

 

 

【注目サイト】
40代後半の転職と再就職について
40代後半から転職したいと思った方へ

 

定期採用情報 | NHK職員採用情報

 

 

 ブラック企業からの転職を考えている方は別として、目的がないまま転職を考えている方は今の仕事を続けながら自分の目的をじっくり考えるのも一つの手段ではないかと考えます。