異業種に転職するメリットとデメリット

 30代の未経験で異業種への転職は大きな賭けになります。業種が変われば必要とされる能力やスキルは変わりますし、今までの仕事で培った経験を発揮できるかどうかも未知数です。異業種でも通用する経験もあれば、全く役に立たない経験もありますから、転職の決断には慎重さが求められます。異業種といっても似たような分野への転職であれば、今までの経験を生かすことができます。例えば小売店の販売員と飲食店のホールスタッフは全く異なる業種ではありますが、お客様とじかに接して商品を提供する接客業であるという点は共通しています。

 

《参考サイトのご紹介》
30代の転職未経験者でもチャンスはある
30代からの未経験転職

 

 接客態度や言葉遣いなど共通するスキルも多いので、異業種への転職であったとしても、ある程度経験を生かすことが可能です。異業種への転職はデメリットを忘れてはいけませんが、メリットも存在します。現在の仕事に刺激ややりがいを感じられない状況にあるならば、異業種への転職は仕事への意欲を再び掻き立てるきっかけになってくれるでしょう。異なる世界へ飛び込むのは勇気がいる行為ですが、それだけ新鮮な刺激に溢れています。これまでの経験やしがらみを捨てて、現在の環境を大きく変えたいのであれば、異業種への転職は正しい選択となります。