転職の柱は「志望の動機」

 転職を目指す場合に絶対に避けられないものとして面接があります。面接は応募から書類選考を経て行われる場合が多いため、合否の最終的な結果を決める大切なものです。面接を受ける場合は事前の準備として面接で質問されること、アピールしたいことなどをイメージしておくことが重要です。応募先の企業によっても面接で訊かれる質問の内容などは違います。

 

 しかし多くの場合、質問にはパターンがあります。それらの想定できるパターンを事前に考えておくことで、面接に挑む本番で慌てることも少なくなります。面接では最初に「自己紹介をして下さい」と言われることがよくあります。この自己紹介は自分を面接官に紹介するだけでなく、面接に時間を自分のペースで進行するチャンスでもあります。

 

 人というのは第一印象で、相手のことを判断しているといわれています。最初の質問はまさにこの第一印象を決める大切な質問です。自分のことを面接官に簡潔で明確な自己紹介をするように心がけていきましょう。転職を目指す場合の面接では、多くの場合に前職の退職理由を訊かれます。

 

 中途採用する企業側も応募者の退職理由を重視しています。退職理由によってはポジティブな印象を与えますが、ネガティブな印象を与えてしまう場合もあります。面接官にポジティブな印象をもってもらうコツは、退職理由が志望動機に直結させることです。「退職したから志望した」のではなく「志望したから退職した」という順番です。この二つは大きく意味が異なってきます。

 

 前者はネガティブな印象を与え、後者はポジティブな印象を与えます。志望の動機は面接の際に必ずといっていいほど質問されます。退職の理由と志望の動機をリンクさせることが重要です。これらの答えに一貫性が無ければ、面接官にネガティブな印象を与えかねません。

 

【参考記事】
28歳の転職サイトおすすめランキング
28歳の転職を成功させるための秘訣が満載です!

 

毎日新聞のニュース・情報サイト

 

 志望の動機は、書類選考する上でも面接する上でも企業側にとって応募者に対する大きな判断材料です。面接を受ける場合は、すべての受け答えが志望の動機に合致させていくことがポイントです。