スキル不足を武器にできるかが転職の分かれ目

求められるのは社会人としてのスキル

 

 現在の仕事に必ずしも満足しているわけではなく、かといって転職を決意するにはスキルが足りないと悩み、結局決意できずにいる人は多いようです。
 しかし、中堅プロパーなどの専門職と違い、まだ若い転職希望者に、企業は必ずしも高いレベルのスキルを求めるわけではありません。むしろ、ある程度の社会人経験者なら、あらゆる職種に共通して必要なコミュニケーション能力や、その仕事への熱意、あるいは統率力やマネージメント能力の可能性を重視します。

 

実務経験の不足は不採用の決定打にならない

 

 例えば、現職でもっぱら営業を任されてきたものの、製造業の製品開発の仕事を夢みて転職を考えたとします。しかし開発も企画の仕事も経験がない以上、どうしてもスキル不足は否めませんが、この経験不足だけで言えば、あなたは新卒者と同じスタートラインに立っているのであり、企業にとってたかだか数年の経験の不足は不採用とする決定打にはならないです。

 

自分を売り込む熱意と説得力

 

 では、この経験不足を強みに変える決定打は何かといえば、熱意と現職の経験を総動員し、この会社にとって自分を採用することのメリットを、客観的かつ現実的に説明する能力です。あなたが営業のノウハウを培ったのであれば、面接試験を自分を売り込む営業と考えてもよいでしょう。

 

 転職の際に活かされるべきスキルという武器は、特定の業種での技能といった狭い概念でとらえないこと。企業にとって真に商品価値のあるスキルとは、自分自身を誠実にアピールし、説得できる力と考えるのがよいでしょう。