転職する前に。もう一度、自己点検してみよう

あなたの転職理由を振り返ろう

 転職には、実にいろいろなパターンがあります。やむを得ない事情で転職するケースは別にしても、自分の性格と仕事内容の愛称が悪いとか、上司の性格が気に入らないとかささまざまです。

 

 それでも、大きくわけてみれば、2つくらいに分類できるものです。ひとつは、仕事そのものか会社が原因となっているもの。もうひとつは、あなた側に原因があるものです。二つは重なりあっていて単純に分類することもできないのですが、どちらかというと会社側の原因にあるか、あなた側が原因となっているのか、自然に答えが出てくるものです。その理由を、転職する前に、今一度振り返ってみることも、社会人としての生活を確かなものにしていくためには、とても大切なことなのです。

 

「だれかのせい」にしていませんか

 会社を辞めたくなると、多くの人は、だれかが悪いからだと、自分以外に責任を求めがちなのです。それでも、自分を客観的に第三者の視点から眺めてみるのも意義があります。仕事がうまくいかない理由や仕事を思い切ってやめたくなった理由を冷静に眺めてみることは大切です。仮にすぐに辞めてしまっても、転職のわけを確実に理解していないと、次の仕事に就いたとしても、再び同じ気持ちになってしまう危険性があります。悔いのない仕事を続けていくために、自己の分析・点検を一度はしっかりと行っておきたいものです。